3DCG業界の将来性は明るい!需要がこれからも増えていく理由を解説!



映像、画像、ゲームにフィギュアや建築と幅広く使われている3DCG技術



この記事ではそんな3DCG業界は今後伸びる事間違いなしである理由を解説します






3DCG業界が伸びる理由



これから紹介するものは全て3DCG技術が必要になるものです



これらの需要が伸びれば3DCGの需要も必然的に伸びる事になります


映像需要の増加



youtubeやネットフリックスなどの映像業界は伸びしろのある業界です



youtubeは芸能人が参入したり、ネットフリックスは会員数を順調に伸ばしたりと利用者がどんどん増えています



さらに5Gがスタートした事も拍車をかけています



利用者が増えればyoutubeの動画広告はもちろん増えますし、ネットフリックスもオリジナル動画が増えていきます



映像制作において3DCGの技術は必須なので映像分野が伸びると3DCGも伸びる事になります



ゲーム需要の増加



ゲーム業界は今ガンガン伸びている業界です



その昔、ゲームは子供が遊ぶものと思われていました



ですが、現代では小さいころからゲームをしていた人たちが大人になり、大人もゲームをプレイする時代になりました



スマホで空いた時間を利用して手軽に出来る事も伸びている要因と言えます



またゲームはeスポーツが広まりつつあり、プロゲーマなる職業も生まれています



それにeスポーツはオリンピック正式種目に取り入れてもらおうという動きもあります



これらを考えればゲーム業界はまだ伸びしろのある業界と言えます



3Dプリンターの普及



3Dプリンターで印刷する時に必要なのは3Dデータです



3Dで立体物を作って3Dプリンターにデータを読み込ませて印刷します



この立体データを作る技術は3DCGが必要になります
(細かく言えば3DCGの工程の一種でモデリングと呼ばれるものになります)



3Dプリンターを使えば、フィギュアや機械部品、家など何でも作れてしまいます



ちなみにメキシコでは3Dプリンターで作った家が既に存在しています
(気になる人はyoutubeで検索してみて下さい)



さらに3Dプリンターは将来的にコンビニで利用できるようになり、データさえ持っていけば誰でも簡単に物が作れる未来が来るとGoogleのAI開発者は述べています



コンビニに普及する未来はどうなるかわかりませんが、3Dプリンターの需要は確実に広まっています



VR、ARの普及



その場にいるような感覚になったり、目の前に本当に存在するかのように見えるVR、AR



これらも今後伸びていきます



学校の授業で使われたり、会社の研修で使用されたりと既に事例はいくつかあります



また将来的にはメガネ無しでVR、ARの体験ができるともいわれています






3DCG業界は人材不足



3DCG業界は人材不足と言われています



人材不足という事は仕事の数に対して出来る人間が少ない状況です



逆に言えば仕事が少なければ人材不足になる事はないです



現時点でもそれだけ仕事があふれていると言えます






まとめ



3DCGの将来性は明るい!需要がこれからも増えていく理由を解説



映像需要の増加

ゲーム需要の増加

3Dプリンター普及

VR、ARの普及

3DCG業界は人手不足



3DCGの業界はここから10年伸びて行きます



3DプリンターやVRゲームなどこれからどんどん広まっていき、3DCGの技術がますます必要になってきます



余談ですが、トヨタでは3Dプリンターを使って車部品を既に製造しているようです



3DCG業界の未来は明るいです



以上で解説を終わります



最後まで読んでいただきありがとうございます

3DCG, 社会

Posted by sai